Octmatsuの日記

伝説のテスター、ナビタイム係、調べもの係、通訳・翻訳係を兼任している、カオスなOctmatsuです

Octmatsuの仕様

さてさて。Ohotech特盛#8にスピーカーとして参加するOctmatsuですが、
発表に使うスライドの自己紹介ページを作っていてふと気づいた。

 

そういや、私自身のことってあんまり話したことない?!


以前はどんな仕事してたとか、
いつから坂本さんのダメ出し係になったのかとか、
なんで伝説になっているのかについては私もよくわからないんだけど、
とりあえず「この人誰?!」状態なのは間違いないんじゃないのかと。

 

というわけで、発表時間も30分でさほど長くはないから、
ちょいと私の経歴についてブログでざっくりお話しておきましょうか。

 

  • 大学時代
    北大経済学部経営学科の経営情報学専攻でした。
    文系のくせにJavaでプログラミングを勉強するという不思議な学科。最短経路問題などを解いたりね。うーん、でもプログラミングはさほど好きではなかった、かな。ゼミの仲間が2名ほどえらい凝ったプログラミングしてくるので、追いつくのに必死だった記憶があるなぁ。やっぱり身近にああいう刺激を与えてくれる人の存在って重要だね。頑張らなきゃって思えるもんね!

  • 大学卒業後、社会人1年目~3.5年目
    大学時代にプログラミングをやっていたこともありIT企業に就職。
    某社のDoCoMo携帯電話開発担当(HSDPA対応)が半年ぐらい。
    その後、同携帯電話試験チームへ移り、結合試験、機能試験、総合試験を幅広く担当。携帯電話の全機能を試験していたけれど、特にGPS機能に関しては私がメインで担当。途中から技適検査担当も兼任し、出張三昧。

    技適検査というのは、実網と呼ばれる実際の基地局の電波を使っていいかどうかを検査するもの。技適マークというものがあるよね。あのマークをつけていいかどうかの検査ってことです。

    ちなみに、技適検査前で本物の電波を使えない段階では、一台数千万円するシグナリングテスタに携帯電話を接続して試験します(http://www.sbbit.jp/article/cont1/12042)。

    f:id:Octmatsu:20140218103442j:plain

    独自のプログラミング言語を使うので、マニアックなものが好きな私は大喜び。

    万が一技適検査で失格となると、販売云々の前に本物の電波を使った試験が一切できないので、開発・試験ともにスケジュールが大いに狂います。そしてこの技適試験、非常に難易度が高い!!!時間も決められているので、モタモタしていられない。たとえバグがなくとも、検査員である私が下手だとアウトってことになります。緊張感あふれるお仕事ですね。北斗神拳でもないのになぜか一子相伝状態で、検査員が私一人だったのも緊張感を上げるいいアクセントになってました。

  • 1社目退職後、海外留学
    いや、意味わからないですよね(笑)私も正直、なんでこんな流れになったのか、振り返ると不思議でしょうがないんですけども、ある日大学時代の友人に呼び出されましてね。
    するとそこに当時の札幌市教育委員会の委員長様がいらっしゃったのですよ。
    色々盛り上がってるうちに、「You, 留学しちゃいなYO!」となり、流れ的に某プログラムに申し込んで小論文やら面接3回ぐらい受けたりしてたら運よくパスして、ほぼ無料で半年間サンタバーバラに行ってきたのでした。
    国際親善奨学生という立場で留学したので、現地ではロータリー財団支部でスピーチをして回らなければなりませぬ。Sapporoの知名度の高さには恐れ入りました。まぁ、この辺は話すと長くなるので興味のある人は後日☆

  • 帰国後、IT系は避けたはずだったのに…?
    1社目でIT系のお仕事に疲れ切っていた私は、違う業界で働こうと決め就職活動を始めたものの、リーマンショックとやらで求人倍率も低く、なかなかいいお仕事も見つからず。とりあえず派遣でもいいから働きはじめなければと思い、某社へ。

    最初は電話のオペレータとして働いてたんですよ。最初は

    でも社内ツールのバグをいろいろ見つけて報告しているうちに、お隣のシステム部からお呼びがかかり、「You, こっち来ちゃいなYO!」というわけで半年ぐらいで部署移動し、テスターに逆戻り(笑
    そしてそこにいたのが某ペンギンさんだったわけですね!!!
    社内ツールから次第にWebアプリの試験も始まり、なんやかんやで私は試験業務に向いているのかもしれないなぁと思うことも多々。ツボ押しグッズで頭をぐりぐりしながら作業していたあの頃は非常に楽しかったです。開発者とテスターの思考のバトルというか。いいですよ、刺激的で。4年ぐらい働かせてもらいましたが、いい経験になりました。

  • そして、現在は秘書。
    大学時代にとっておいた秘書検定と、英検、TOEICが就活で役立つとは思ってなかったです。芸は身を助けるっていうからなぁ。みんなも気が向いたらいろいろ資格に挑戦するのもいいと思うよ?

 

こんな感じですかね。

みんな眠くならないような楽しい発表にしたいところなんですが、
ちょっとスライドの中身が今現在かなり真面目なものになりつつありまして…うーむ。

1つ目の発表をまじめにやって、2つ目をぶっ飛んだ感じにするとかもいいかな?!

 

もうちょっと面白くできるよう構成考えてみます(笑

 

勉強会での発表は初めてなので、不慣れな点が多々あるかと思うのですが、
どうかよろしくね★

広告を非表示にする